箕面市北部・西南地域包括支援センター

地域包括支援センター

箕面市の受託業務として、地域で暮らす高齢者の生活を総合的に支えていくための相談窓口です。
高齢者の生活にかかるさまざまな問題に、保健師(経験豊富な看護師)社会福祉士、主任ケアマネージャーの三職種が協力し合って、適切に解決していくための助言やお手伝いをいたします。
住み慣れた地域で、その人らしく、生活するために地域包括支援センターは、地域における社会資源(介護サービス事業者、ケアマネージャー、医療機関、民生委員、福祉関係者等)のネットワーク化で包括的に継続的に支援する取り組みを行います。

具体的な業務

介護予防ケアマネジメント

要介護認定において、要支援1・2と判定された方や、介護や支援が必要になるおそれのある方に、介護予防サービス利用のための、サービス利用計画の作成を行い、サービス実施につなぎます。

総合相談支援

高齢者のみなさんや、その家族等からさまざまな相談を受けて、また、そのお宅を訪問して、どのような支援が必要か把握しサービスにつなぎます。

権利擁護

高齢者虐待への対応、成年後見制度の活用、悪質な訪問販売等による被害の防止等の高齢のみなさんの権利を擁護します。

介護予防ケアマネジメント

介護に携わる方々を対象に、充実したケア体制を作るための指導や助言などを行います。

利用時間

午前8時45分から午後5時45分まで

営業日

月曜日〜金曜日

箕面市北部・西南地域包括支援センター
〒562-0043 箕面市桜井1丁目13-22  TEL:072-725-7029  FAX:072-720-5323